相続放棄の期限について

 

相続放棄をするためには、期限がありますので、この期限内に手続きをしなければいけません。

この期間は、被相続人が亡くなり、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内です。

この3か月の期間を「熟慮期間」と言います。

  

 

では、この事例では、相続放棄できるでしょうか。

事  例

 A(父親)が家庭内暴力をふるうため、B(母親)がC(1人息子)を連れて家を出て、Aとの一切の関係を絶ちました。その後、AとBは離婚をしました。20年がたったある日、Aの債権者を名乗る金融機関から、Cに対して、Aの借金を返済するように連絡が来ました。債権者の話によると、Aは、1年前に死亡しており、生前500万円の借金があるとのとこ。このケースにおいて、Cは、相続放棄をすることができるでしょうか。

 

解  説

Aが死亡してから既に3か月が経過しています。
しかし、Cは、Aとの関係を断絶しており、一切連絡を取っていませんでした。そのため、Cは、Aが死亡した事実を知らず、債権者からの連絡を受けて初めて知ったのです。
そのため、債権者からの連絡をもって、「自己のために相続の開始があったことを知った」と言えます。
したがって、Cは、この債権者からの連絡を受けてから3か月以内であれば、相続放棄の手続きができます。

 

相続放棄の期限について、ご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

大和市の司法書士ぬのかわ法務オフィス

無料相談受付中

地元の方は相談無料です。安心してご相談ください。

完全予約制

相談受付:046-244-5456(平日9:00~20:00)

営業時間:平日9:00~18:00

当日相談・夜間相談・土日祝日相談・出張相談

平日20 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則24 時間以内にご返信いたします。
お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

無料相談申込

完全予約制

相談受付:046-244-5456(平日9:00~20:00)

営業時間:平日9:00~18:00

当日相談・夜間相談・土日祝日相談・出張相談

出張相談もこちらの電話番号からお問い合わせください。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。
面談での法律相談をお申込みください。

当事務所は専門家のワンストップ体制を構築しております。

どこに相談してよいか分からない時は当事務所にご相談ください。

司法書士・行政書士・弁護士・保険会社・不動産会社・土地家屋調査士・社労士・税理士・不動産鑑定士

主なお客様対応エリア

綾瀬市役所から当所まで車で 16 分程度
座間市役所から当所まで車で 16 分程度
海老名市役所から当所まで車で 22 分程度
町田駅から大和駅まで電車で 11 分程度
藤沢駅から大和駅まで電車で 13 分程度
横浜駅から大和駅まで電車で 19 分程度
厚木市役所から当所まで車で 22 分程度
愛川町役場から当所まで車で 35 分程度
寒川町役場から当所まで車で 35 分程度