相続名義変更

3つのメリット

  1. リーズナブルな価格設定
  2. 速やかに対応します
  3. 相続相談の窓口としてご活用ください

お悩み

  • 不動産の名義変更のやり方がわからない
  • 忙しくて戸籍を集めている時間がない
  • 間違えがあっては困るので、専門家にお願いしたい

どんなお悩みでもご相談ください

不動産名義変更関連費用

所有権移転費用1件目 38,000円~
所有権移転費用2件目以降 30,000円~
遺産分割協議書等作成 20,000円~

費用の詳細は費用ページをご覧ください。

相続時の不動産名義変更手続き

土地や家、マンションといった不動産を所有されている方がお亡くなりになった場合、不動産の名義変更手続き(相続登記)をする必要があります。
不動産の名義変更をするには、様々な手続きをする必要があります。これが、相続人にとっては大変な負担であり、名義変更をしないまま放置してしまう方も少なくありません。しかし、時間が経つにつれて、新たな相続が発生し、相続関係が複雑になり、かえって負担が増えてしまうこともあります。
そうなる前に是非一度司法書士へ相続手続きについてご相談ください。私どもは、お客様の大切な財産を次の世代へお渡しする手続きをお手伝いさせていただきます。

メリット

1 リーズナブルな価格設定

リーズナブルな費用を提示させていただきます。
相続相談時に私どもの報酬や相続登記手続きにかかる費用についてしっかりとご説明させていただきます。
手続費用にご納得いただいた場合のみ、不動産の名義変更手続きを代行していきます。
また、大和市、座間市、綾瀬市など近隣地域の方であれば、無料で相談に応じます。
ご希望があれば、ご自宅やオフィスなどにも出張します。

2 速やかに対応します

不動産の売却を控えていて早く名義変更を終わらせたいなど、ご事情によっては名義変更を急がなければいけない場合もあります。
私どもは、当事者意識を持ってスピードを重視して対応します。

3 相続相談の窓口としてご活用ください

私どもは、税理士・弁護士をはじめ相続手続きに関係する専門家と連携を組んでいますので、たとえば相続税の申告をお願いしたいというご相談の場合は、信頼できる税理士をご紹介します。
相続の手続きを誰に相談していいかわからないとお悩みの方は、ぜひご連絡ください。
私どもを相続相談の窓口として、ご活用ください。

不動産名義変更手続きの流れ

1 遺言書の確認

相続登記を申請するにあたり、最初にするべきは、遺言書の確認です。
遺言書を残していた場合、遺言書の内容にしたがって、不動産(土地や家、マンションなど)の名義変更手続きをしていきます。

2 戸籍の収集

相続人に代わって、戸籍謄本を取得します。

相続手続きを進めるには、亡くなった方の相続人全員を正しく把握することが必要です。
戸籍を集めていくと、相続人の方がまったく知らない子供が出てきたというケースも少なくありません。
そのため、相続人全員を正しく把握するため、亡くなった方の戸籍をすべて取得していきます。
これは、直近の戸籍を取るだけでは足りません。
死亡時の戸籍から生まれた時の戸籍まで、さかのぼって取得します。
本籍地が遠方にある場合、そちらの役所から戸籍を取り寄せなければいけません。
具体的には、遠方の役所に問い合わせ、申請書類を作成、必要書類をそろえ役所へ郵送、書類が返送されてきたらその書類が問題ないかチェックして、また別の役所へ請求する。
こういった作業をすべての戸籍が揃うまで、何度もやっていくことになります。
戸籍謄本の取り方が分かっている方、お時間があって書類に慣れている方であればこの作業も可能でしょう。しかし、平日は仕事がある、書類には不慣れ、面倒なことは極力お任せしたいと思っている方にとっては、大きな負担がかかります。
司法書士である私どもにご依頼いただければ、この面倒な戸籍謄本の取得を代行します。

3 不動産の調査

土地や家などの不動産の名義変更するためには、所有している不動産を正しく把握する必要があります。
調査の対象となる資料も様々で、不動産に関連する知識経験が不可欠です。
私どもは、多くの不動産取引に立ち会っており、不動産調査の経験も豊富です。
安心して名義変更を終わらせるためにも、ぜひ不動産・相続手続きの専門家である私どもにご相談ください。

4 遺産分割協議

遺産分割協議書の作成をサポートいたします。
遺言書があれば、その内容に応じて遺産を分けていけばいいのですが、遺言書がない場合は、相続人全員で遺産分割協議(話し合い)をしていきます。不動産・預貯金・株式などすべての遺産について、どの財産を、誰に相続させるか、遺産の分け方を決めていきます。相続人のみなさまでお話合いがまとまったら、その内容を「遺産分割協議書」にまとめます。
遺産分割は、相続人の全員で話し合いをまとめる必要がありますが、万が一、お話合いがまとまらない場合は、家庭裁判所へ遺産分割の調停を申し立てることも検討しなければなりません。
また、相続人の中に未成年の子供がいた場合はどうしたらいいでしょうか。遺留分の主張をする相続人がいたらどうしましょうか。
遺産分割協議をするにも、専門的な知識と経験が必要です。
私どもは、これまで数多くの遺産分割のご相談に応じてきました。ぜひご相談ください。

5 相続登記の申請

1~4の手続きが終わりすべての書類が揃ったら、土地や家、マンションなどの相続登記申請をするために、不動産の名義変更用の申請書類を作成して、法務局へ提出します。

相続登記申請時に必要となる書類(一般的なもの)

  1. 登記申請書
  2. 相続関係説明図
  3. 戸籍謄本(被相続人 出生から死亡まで)
  4. 戸籍謄本(相続人全員)
  5. 住民票除票・戸籍の徐附票(被相続人)
  6. 住民票・戸籍の附票(不動産を取得される方)
  7. 遺産分割協議書(相続人全員の実印押印)
  8. 印鑑証明書(相続人全員)
  9. 固定資産税評価証明書
  10. 収入印紙(登録免許税納付)

よくある質問

相続による不動産(土地・家など)の名義変更手続きは、いつまでにしなければいけませんか?

不動産登記は、いつまでにやらなければならないというルールはありません。仮に土地や家などの名義変更をしなかったとしても、国から罰則を受けることもありません。
そのため、相談に来られる方は、名義変更をしないまましばらく放置してしまっている方が多いです。
しかし、相続による名義変更をしないまま、放置してしまっているとその後相続人だった方が亡くなり相続人が増え、相続関係が複雑になってしまうこともしばしばです。
なるべく早めに名義変更を終わらせておくことをお勧めします。

コラム

無料相談受付中

地元の方は相談無料です。安心してご相談ください。

完全予約制

相談受付:046-244-5456(平日9:00~20:00)

営業時間:平日9:00~18:00

当日相談・夜間相談・土日祝日相談・出張相談

平日20 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則24 時間以内にご返信いたします。
お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

無料相談申込

完全予約制

相談受付:046-244-5456(平日9:00~20:00)

営業時間:平日9:00~18:00

当日相談・夜間相談・土日祝日相談・出張相談

出張相談もこちらの電話番号からお問い合わせください。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。
面談での法律相談をお申込みください。

当事務所は専門家のワンストップ体制を構築しております。

どこに相談してよいか分からない時は当事務所にご相談ください。

司法書士・行政書士・弁護士・保険会社・不動産会社・土地家屋調査士・社労士・税理士・不動産鑑定士

主なお客様対応エリア

綾瀬市役所から当所まで車で 16 分程度
座間市役所から当所まで車で 16 分程度
海老名市役所から当所まで車で 22 分程度
町田駅から大和駅まで電車で 11 分程度
藤沢駅から大和駅まで電車で 13 分程度
横浜駅から大和駅まで電車で 19 分程度
厚木市役所から当所まで車で 22 分程度
愛川町役場から当所まで車で 35 分程度
寒川町役場から当所まで車で 35 分程度