よくあるご質問

父が遺言書を残してくれています。
しかし、遺言書に書いてある内容とは異なる内容で不動産の名義変更がしたいのですが、こんなことはできますか?

 

解説

遺言書を残しているのであれば、亡くなった方の遺志を尊重して、遺言書に従って遺産を分けるのが原則です。
しかし、遺言書に記載されている内容が相続人間にとって、困る結果になってしまうケースもあります。

たとえば、遺言書には、実家の不動産を長男が相続すると記載されています。
しかし、実家に住んでいるのは、次男です。
長男には、既に持ち家があり、これからも実家の管理ができません。

このようなケースで、長男と次男は、実家の管理は、次男に任せるので不動産の権利も次男が取得すべきと考えていたとします。
相続人がこのように考えていても、遺言書があるから一律に実家の権利は、長男しか取得できないとなると、相続人は困ってしまいます。

 

そこで、遺言書の存在と内容を知った上で、長男と次男が別途遺産分割協議をして、遺言書とは異なる内容で協議をすることは可能となっています。

 

注意しなければいけないのは、遺言書があるのにそれを知らずに遺産分割協議をしてしまうと、遺産分割協議が無効になる可能性があります。

遺言書がある場合は、その存在を隠すことなく相続人全員で確認してから、相続手続きをしていく必要があります。

 

大和市の司法書士 ぬのかわ法務オフィス

無料相談受付中

地元の方は相談無料です。安心してご相談ください。

完全予約制

相談受付:046-244-5456(平日9:00~20:00)

営業時間:平日9:00~18:00

当日相談・夜間相談・土日祝日相談・出張相談

平日20 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則24 時間以内にご返信いたします。
お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

無料相談申込

完全予約制

相談受付:046-244-5456(平日9:00~20:00)

営業時間:平日9:00~18:00

当日相談・夜間相談・土日祝日相談・出張相談

出張相談もこちらの電話番号からお問い合わせください。

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。
面談での法律相談をお申込みください。

当事務所は専門家のワンストップ体制を構築しております。

どこに相談してよいか分からない時は当事務所にご相談ください。

司法書士・行政書士・弁護士・保険会社・不動産会社・土地家屋調査士・社労士・税理士・不動産鑑定士

主なお客様対応エリア

綾瀬市役所から当所まで車で 16 分程度
座間市役所から当所まで車で 16 分程度
海老名市役所から当所まで車で 22 分程度
町田駅から大和駅まで電車で 11 分程度
藤沢駅から大和駅まで電車で 13 分程度
横浜駅から大和駅まで電車で 19 分程度
厚木市役所から当所まで車で 22 分程度
愛川町役場から当所まで車で 35 分程度
寒川町役場から当所まで車で 35 分程度